リサイクルトナーカートリッジとは

リサイクルトナーカートリッジとは文字通り空になったカートリッジを再利用して、そこに新しいトナーを充填されたものとなります。再利用品であることから、新品のものと比較をして安価に手に入れることができるので費用を削減したい企業にとっては非常に役立つものとなっています。
価格が安いという最大の利点がある一方で、再利用品であるため品質が新品の純正品と比較をして少し劣るという問題があります。印刷品質に関してはほとんど気にならないレベルの差しかないので特別心配をするようなものではありませんが、不良品率が少し高めというのが欠点となっています。そのため、リサイクルトナーカートリッジを使用することを考えている時には長所と短所をよく理解した上で使うことが望ましいものとなっています。

費用削減効果が非常に大きいのが魅力

リサイクルトナーカートリッジは再利用品なので、非常に安価なものとなっていて純正品と比較をしても半額以下で購入することができるのも少なくありません。使用感に関しても純正品と同等に近いものがありますから、単純に印刷のコストを半分以下に減らすこともできるのです。印刷にかかる費用というのは一枚あたりでは数円の世界ではありますが、印刷の枚数が多い企業にとっては枚数が増えてくると馬鹿にならない金額となってしまいます。しかし、リサイクルトナーカートリッジを使えばその費用を半分以下に減らすことも可能なわけですから、少しでも費用の削減を目指している企業にとっては非常に強い味方であり、現在では多くの企業が費用削減のために導入をしています。ただし、良いことばかりでもないので欠点も理解しておくことが大切です。

品質面では新品の純正品に及ばない

リサイクルトナーカートリッジの欠点としては、新品の純正品と比較をするとどうしても品質面で劣ってしまうというものがあります。基本的には業務に支障が出るようなレベルでもなく、比較をしてもどちらがどちらかわかるレベルではないのですが、それでも純正品と比較をすれば品質が落ちることは間違いありません。見た目の問題に関してはそれほど気にすることはないのですが、無視することができないものとしては不良品率が高いということです。使いものにならないほど高いということはなく、不良品であってもその場合には交換をしてもらうことができますから、金銭的には大きな問題とはならないのですがいざというときに印刷ができないというのは企業にとって大問題になることもあるので、多少のリスクが有るという欠点があります。

日本全国の皆様に幅広くご利用いただいき好評を得ています。 防災時に役立つ、水で光るLEDライト「アクモキャンドル」 トナー購入時に1ポイント=1円ののポイントを付与します。 メーカーと機種名を入力すると簡単にトインクトナーを探すことができます。 OA機器、印刷用紙、LED証明などオフィス用品専門店。 会社に必要なコピー用紙やインクトナーを取り揃えています。 リサイクルトナーカートリッジを多数取り揃えています